Project
01

新しい「街」をつくる。
見えないところで人々の暮らしを支えます。

400戸以上の家族が集まるビッグタウン!
人の命に直結する水道インフラを!

400戸以上の家族が集まるビッグタウン!人の命に直結する水道インフラを!

 新しく誕生する400区画以上の街で、生活の中で一番大切とも言える水を安心・安全に供給できるように、地中に埋める水道管の設計から施工までの工事を一手に行いました。
今回の工事は人間でいうならば心臓と血管を作るようなものです。街全体に安定して水を供給するために心臓の役割を果たす加圧ポンプ場を建設すると共に、400戸以上の家庭へ水を届けるための水道管を地中に張り巡らせます。災害やその他非常時には、断水やその他の給水への影響をできるだけ少なくなるように、また速やかに復旧できるように配慮されていることや、必要量の水を規定の水圧で連続して供給することができるようになど、水道建設には細かく定められた規定をクリアする必要があります。人々の生活において、それほど水は重要な役割を担っているのです。
 家が建てられるような状態ではなかった土地が、どんどんと工事が進むにつれて綺麗に造成が進んでいき、最終的に街のカタチになった時の達成感は言葉になりません。

 水道事業においては、地震等の災害時にも途切れることなく水を供給し続けることがとても重要です。現在は様々な対策が講じられ、そのための技術開発も進んでいます。一方で、老朽化した水道施設の効率的な改築更新が必要とされているなど、水道普及率が100%に近づいている昨今においても、水道事業が果たすべき役割は多岐にわたり、人が生きている限り水道事業がなくなることはありません。

 人間が生きていくのに欠かすことのできない飲み水を、安心・安全に供給し続けることができるように日々努力しています。

Project
02

各国の首脳が集まる伊勢志摩サミットの地。
未来を見据えた安全対策。

地面の中から安全を。
地震に強いガス導管への入れ替え作業。

地面の中から安全を。地震に強いガス導管への入れ替え作業。

 土の中に埋められたガス管は一般的に、年数の経過や土壌環境などに伴いに腐食が発生し、その埋設環境にもより差がありますが取り替えが必要です。腐食したガス管は強い地震の影響などで継手部分(ねじ継手)が緩んだり、その他の腐食した部分が折れたりして、ガスの漏えいによる火災や爆発の危険が生じる恐れがあります。今回は伊勢志摩サミットの開催される三重県の伊勢市にて、道路下に埋設されていたガス管の取替え工事を行いました。
 既に埋設されているガス導管を、より安全なガス導管へリフレッシュする工事です。
長さや太さなど、その現場に合わせたガス管を用意するために埋設される管は現地で溶接されます。重機が活躍する見た目の豪快さとは裏腹に、新しいガス管を慎重に地中へ下ろし、滑車のついた手動のリフトでミリ単位に高さを調節しながら繋ぐ繊細な作業です。道路の掘る深さなど、細かく定められた数値に沿って、安全かつ円滑に作業が進行できるよう周囲に気を配りながら進めていきます。道行く人の何気ないねぎらいの言葉が、より一層仕事への意欲をかきたてます!

 ガス管の設置という仕事は、私たちの生活に命を吹き込む大動脈をつくる仕事と言っても過言ではありません。ガスは私たちの生活を支える重要なライフラインのひとつです。
身近な場所の生活基盤へ携わることの責任感と嬉しさを実感することができる、やりがいのある仕事だと誇りを持って日々取り組んでいます。

これからも、環境にやさしい新技術・新工法を積極的に取り入れ、常に安定したガスの供給をサポートしていきます。

Project
03

求められるのは、
非常に高い技術と、豊富な経験です!

今度家族と通って教えてやろう!
ここは俺が作った道なんだぞ!

今度家族と通って教えてやろう!ここは俺が作った道なんだぞ!

 老朽化によって、ひび割れや剥がれ、凹凸の発生した道路は交通事故の危険性や騒音など様々な問題が発生します。今回は四日市市内の4車線の県道を120mにわたってリフレッシュする工事を行いました。
 古くなったアスファルトを剥がし、そこに140℃前後と非常に熱い状態の新しいアスファルト合材を平らになるように敷き均します。夏場は暑さとの勝負でもある現場です。その後、ローラー車を使用して転圧し地面を固めていきます。凹凸がなく、滑らかな道路に仕上げることはもちろん、交通量の多い道路や雨が降りやすい地域など、その土地の条件に合わせて舗装することが求められています。また安全に工事を完了するために、できるだけ交通の阻害とならないよう、時間帯や交通規制の形態に気を配ったり、工事をしている近隣店舗への入り口の配慮をするなど、誰もが気持ちよく完了を迎えられるように頑張っています。

 その土地の条件にあった、丈夫で長持ちする、舗装方法、又近年では、それだけではなくアスファルト舗装にも美観が要求されています。

 人にやさしい環境づくりは、安全面、価格面、耐久性、耐摩耗性、耐水性、耐候性など、材質面こそ地域によって異なりますが「地域に、人に、環境にやさしく」という共通のテーマがあると考えます。

 長年培ってきた確かな技術と豊富な経験はもちろん、地球環境に配慮した先進の技術を取り入れ、より快適で安全な道路造りを通じて、地域社会に貢献します。